サマースクール前半終了!

こんにちは。すっかりご無沙汰でございました。キッズ講師の浅原です。

さて、昨日8月11日で、ぱおサマースクール前半戦が終 了。17日から始まる後半戦にむけ、しばしの充電期間です。 そんな前半戦の締めとなるのは「一日造形コース」です。

「一日造形コース」は2008年初めての試みです。朝から夕方までかけて、とことん工作三昧な夏の1日を過ごしてもらおう(そして親御さんには、しばしのフリータイムを満喫してもらおう)という企画です。 会員さん向け第1弾チラシの時には、何を作るのかは謎のままだったのに、定員の数倍のお申込みを頂きました。ありがたいことです。 ぱおで6時間も工作=そりゃあすごいもん作らせてくれるに違いない→あんた、行ってきんさい。 というやり取りが眼に浮かびます。そりゃあ、そんなに期待されたら我々だってがんばっちゃいますよ。試行錯誤の結果、決定したプログラムは「オートマタ」。 西洋からくり人形です。

からくり人形の仕組み部分は、部品の精度が命。ミリ単位の寸法の違いが、滑らかな動きを左右します。 「重心」「遠心力」「軸の傾き」「左右対称」など、物理学や数学の領域にも足をつっこみます。教科書ではチンプンカンプンなことも、自分の手をつかって実際にずらしたり削ったりして微調整する中では、しっかり頭に入っていきます。体で覚えるってことですね。


からくり人形の人形部分は「アイデア」が命。柔軟な発想でイメージを膨らませ、ふたつの人形の動きの違いを生かしていかなければいけません。 こうしてみると、「からくり人形」って、右脳も左脳もフルに使うってことですよね。さらに、のこぎりやヤスリで体力も使うので、まさに全身で制作です。 終了時には、参加者全員が満腹な表情でした。


画像は制作風景。みんないい顔で作ってます。そして、今回おそらく最遠方からの参加者Rくん(FROM種子島)。現在は休会中の元ぱおっ子です。

トップ画像は、レッスン前日に作ったサンプル。時節がらオリンピックバージョンにして、旬な感じを出したつもりだったのに、レッスン中に北島選手の金メダルのニュースが飛び込んできました。 「しまった、水着着せて水泳にしとけばよかった・・」

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所