キッズ1クラス

こんにちは。キッズ講師の浅原です。

照ったり降ったりせわしない季節になりましたね。 幼稚園や小学校でもプールがはじまったところも多いみたいですが、クラスで聞いてみると、「プール始まったのに雨で入れん」という声もよく聞きます。

さて、夏になると体力を消耗します。 水泳も暑いのも子どもたちにとってはへっちゃらですが、後から疲れはやってきます。エアコンのきいた室内や車内は気持ちよくて、疲労感も重なるとすっかりお昼寝モードへ。 ぱおの時間だからと起こすとすっかり不機嫌。「今日は行かない」と言い出す。 なんとか起こしてアトリエに連れて行っても、不機嫌全開。 夏場のキッズ1クラスでよく見る光景です。

時間通りに行動させるのはとても大事なことですが、寝起きが機嫌が悪いのは万国共通。無理強いしても状況は悪くなることも多いです。教室についたけど、起こしても起きない。そんなときは、とりあえずそのまま寝かせておき、教室までお電話ください。来るのが送れることさえわかっていれば、いくらでも対策はあります。遅れてくる間の行程をこちらで済ませておく、少し居残りして制作し遅れを取り戻す、内容的に遅れると困るなら振替をすすめる、などなど。

また、寝た子を抱いてアトリエまで来れれば、それがベストです。空いた席に寝かせておいて、お目覚め次第制作開始。なんといっても、お絵描き工作大好きなぱおっ子。目の前で皆が楽しそうにやっていたら、目覚めもきっといいはずです。

他にもいろいろなお昼寝対策ってあると思います。「うちはこんなふうにしていた」とかの情報ありましたら、先輩パパママの知恵と経験をぜひ教えてください。ブログでもまた紹介させていただきます。

画像は、安佐南教室木曜キッズ1クラスにて。


082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所