キッズ陶芸その2

こんばんは。最近、動画のアップを覚えて、うれしげに動画ばっかアップしてる浅原です。 まずは昨日の動画のつづきから。 こちらは携帯からの動画のため、少々お見苦しい点もございますが。

陶芸ショート.mov

では行程を鮮明画像でおさらいです。

おひな様とお内裏様で、一人2体ずつ作りました。ぱおキッズは全員で約250名。それに今回は柳井幼稚園の子どもたちの作品約100人分もあるので、 250×2+100×2=・・・・ それはそれは、たいへんな数ですね。

それらの作品のひとつひとつにスペーターを塗っていきます。さあ、ここは昨日の動画で見ましたね。例の筆で塗っていた赤い液体がスペーターです。 今回は釉薬といううわぐすりを表面に塗って焼く「本焼き」のため、このスペーターを塗っておかないと、カマの中でくっついてしまうのです。 みなさんのお家にあるお茶碗やお皿も、テーブルにくっつく面(裏ですね)は、ざらざらしているはず。これがスペーターを塗ったところです。 右の画像の水色がかったところがスペーターを塗った部分。液は赤いのに、塗ったところは赤くないんですね、不思議。

ひたすら作業するのは、ぱお陶芸部隊隊長の祖父江講師。  

さて、裏にスペーターを塗った作品は、釉薬(うわぐすり)をかけます。 ここは1個ずつ筆で塗ったりはしません。面倒臭いからじゃないですよ。そんなことしてたら、ムラができてしまいます。 釉薬の入ったバケツにドブンと浸けちゃうのです。 ここが、今回の動画のシーンです。 キレイな静止画でおさらいすると・・





さて、こちらが、作業開始直後の画像。まだまだカマもスカスカ。光りも真昼の光りです。


こちらは作業終了の様子。すべてカマに収まりました。そして、あたりもとっぷりと暮れ、ライトも点灯しております。


こんな感じにおさまりました。

この角度だと、ものすごい量がわかりますね。

さあ、この作品たちは木曜日の朝にカマから出てきます。そして、最初の「陶芸2」のクラス、Aシティ教室へと旅立っていきます。その後順次、皆さんのクラスへと旅立っていきますので、出来上がりは自分のクラスで自分の作品を見てください。

お楽しみに。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所