アートルネッサンス2008始まりました

いいお天気ですね!

今朝、袋町の市民交流プラザで今日から始まった「アートルネッサンス2008」のオープニングセレモニーに行ってきました。

アートルネッサンスは、障害のある人たちの芸術作品展です。

わたしにとっては、指導に行かせていただいている「ぽんぽんアート教室」の生徒さんたちが毎年挑戦する公募展でもあり、年々応募作品数が増えていく中、「今年も入選できますように~」とどきどきする一面もある作品展です。

今年は、みんなのがんばりもあり、わたしの指導の賜物か(笑、嘘です)、みごと全員入選しました!

そして、今朝のオープニングセレモニー。 朝寝坊大好きなわたしが、がんばって早起き(っていうか、普通の人には普通の時間なんですが)してまで行きたかったのは、その「コウモリ」の作者の「いのっち」くん(中3)が、アーティスト代表として挨拶をすることになっていたからなんです。

いのっちは、アート教室立ち上げのときからのメンバーで、初めて会ったときは女の子かと思うほど、色の白いほっぺのぷっくりしたかわいい男の子でした。(当時小6) とても元気でおしゃべりの好きな明るい子ですが、一度集中すると話しかけても全てスルー、で。 レッスンの終りの時間なんて全く気にしません。 自分がこうと思ったら、わたしが「この方がいいんじゃない?」といったことに一応「うん」というものの、我が道を突き進みます。 今回の作品も、細部にまでいのっちのこだわりがちりばめられていて、作ったその日のことを今でもよく覚えています。

そのいのっちが、なんて挨拶するんだろう、とわくわくしながらたくさんのひとたちのうしろから、頭と頭の隙間からようやく見えるいのっちを見守っていました。 マイクの調子が悪いのか、緊張のあまり声が出てないのか、ほとんど声が聞こえません。 でも最後に「ぼくのがんばりだけでなく、祖父江先生のおかげです」といってくれたのが聞こえました。 とてもとてもとても感激しました。 ご両親いわく、「本人は挨拶が終わって私たちの顔を見てもけろっとしてたのに、先生の顔見たとたん、うるってしてましたよ~。」とのこと。そこでわたしもまたうるっっと。 なんというか、こういう仕事をさせてもらって、仕事冥利に尽きます。いのっち、ありがとう。 軽く自慢話みたいになってきました?すみません。。でもちょっと自慢の子たちで…(笑)

素敵な、ものすごくいい作品展です。 ぜひ、皆様見に行ってみてくださいね!かわいいコウモリがお出迎えしてくれます

本日より2/24まで。広島市まちづくり市民交流プラザ4F(袋町小学校隣)でやっています。

アートルネサンス、詳しくは↓ http://web.mac.com/hp_mv/AR06/AR_Top.html

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所