アートで国際交流☆

毎日暑いですね

繊細な色の組み合わせで造形美すら感じさせる和菓子。 1本の紐で亀や花まで表現する水引細工。 色合いの変化が美しい染物。 1枚の紙から箱や風船や鶴などの立体を作ってしまう折り紙etc.

日本の伝統的な文化はすばらしいですよ。

現地では地元の方々を招いて文化交流もあります。 昨日は「ソーラン節」などを披露したそうです。 そろいの法被に下は柔道着!  ショーの後は現地の子ども達にソーラン節を伝授。 みなさんに喜んでもらえて、楽しいひとときをすごしたそうです。

娘達は普通の日本の高校生ですから英語があまり上手ではありません。 でも、歌や踊りや工芸などの文化は、言葉の壁を簡単に越えてしまいます。 アートってすばらしい。

夏休みに海外に行かれるみなさん。 ぜひ、交流も楽しんでください。 たとえば日本の折り紙は海外ではポピュラーなものになってきていますが、 それでも、目の前でちょちょいのちょいと鶴を折ってあげると、 びっくり、喜ばれますよ。

溝尻雅子

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所