アクリル画レッスン


キッズクラスはただ今、3週完成プログラムの「アクリル画」に取り組んでいます。 「アクリル画」とは、アクリル絵具で描く「静物画」のことです。 今年は「生物多様性」がキッズの年間テーマなので、牛骨やアルマジロの剥製などの大型もチーフを中心に描いています。



写真ではなく本物を目の前にして描くので、子ども達のテンションもいやが上にも上がります。



画面いっぱいに模様のような色を塗っている子たちがたくさんいますが、遊んでるわけではありませんよ。 下地といって、紙の白い部分を全て消すように色んな色を塗るのです。その上からモチーフを描くと、下に塗った色が響いて色に深みが出てくるのです。 下地ができたら、いよいよモチーフを具体的に描いていきますよ。 その様子はまた次回にレポート致します。 お楽しみに!

画像は安芸区民文化センターでの「安芸教室」と、安佐南区民文化センターでの「安佐南教室」の模様です。

浅原

0回の閲覧0件のコメント

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所