ひろしま陶芸展スタートしました


24日から福屋八丁堀展にて第2回ひろしま陶芸展が始まりました。 今回の展覧会は広島在住の若手、中堅作家14名と賛助出品に3名の作品が展示されています。

出品作家をご紹介しますと 五十音順で 赤毛敏男さん 有本空玄さん 今田拓志さん 岡本高始さん 川原圭二さん 財満進さん 坂本奈穂さん 佐藤正徳さん 西村芳弘さん 西本直文さん 畑絢子 藤本路加さん 山根宏造さん

賛助出品に 今井政之さん 西本瑛泉さん 藤本陶津さん  となっております。

(ちなみに私は若手の中でも最下層です。)

各々の作品の他に「壁面を飾る」「壁面に飾る」「マイカップ」の展覧会テーマ作品もあります。 私は今回も「ツキノハナ」シリーズの作品を出品しているのですが、他の出品作家さんのやきものらしい作品のなかでだいぶ異色な雰囲気を醸し出しているようです。 ご覧になった方に「紙でしょ?」「和紙を使ってるんでしょ?」と聞かれることもしばしば。。 展示場所がちょうど空調が程よくあたる場所なので、ふわふわそよそよたゆたっていてぼーと見ているとなかなか心地よいです。 初日からたくさんの方が会場にお越し下さって、広島のやきものへの関心の高さもまだまだ捨てたものじゃないのかな~と思いました。

会期は29日(昭和の日)までです。 お近くまでお越しの際は是非お立ち寄りくださいませm(_ _)m

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所