ひろしまキッズシティレポート


先日のエントリーでもお知らせしました「ひろしまキッズシティ」が、広島西飛行場にて行われ、アトリエぱおも工作教室で参加して来ましたので、そのリポートです。


土曜日はあいにくの空模様だったのですが、日曜日は快晴!ただし、海の近くなので一日中風が強く吹いていました。 天気がよいこともあり、会場は朝から子どもたちで満員状態。 たくさんの「ぱおっ子」たちにも会いました。


Yくん兄妹とOくん兄弟。Oくん兄弟は「ホールインワンゲーム」のブースでお仕事中でした。

この「キッズシティ」は、子どもたちが職業体験をできるというイベント。ラジオDJ、警備員、看板やさん、土建屋さん、うどん屋さんやもみじまんじゅう屋さんなどさまざまなブースで、子どもたちがお店の人として働いています。 決められた時間働くと、お給料がもらえます。そのお給料で、お買い物ができるのです。


こちらは、ぱおブースでお仕事体験中のIちゃん。Iちゃんはぱおっ子なので、段ボールの家づくりはお手の物。いつもは教わる係ですが、今日は他の子どもたちに教えています。なかなか決まってましたよ。そして二人が持ってるのが給与明細書。この紙をキッズシティ銀行にもっていくと、キッズシティの通貨「じゃけん」に換金してくれます。




さてこちらはぱおブース。午前午後と計6本のレッスンを行いましたが、次の次の回まで予約でいっぱいな状態で、定員を増やしたりのフル稼働で行いました。あまりの忙しさに浅野先生は寝癖を直す暇もありません。 先日の展覧会で展示した「HAPPY ISLAND」のジオラマの一部を展示し、子どもたちの完成した作品を並べていきました。はじめはほとんど家のなかった町にすこしずつ家が立ち並んで行く様は、都市ができていく姿のようでした。

加藤先生、浅野先生、梶木先生、寒い中お疲れさまでした。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所