ぱおblog 色彩学講座 その3

おはようございます。加藤です。 ゴールデンウィーク

え?私ですか? もちろん…仕事でした。 でも受験生達が人物画実習で充実した時間を過ごせたので満足です。

さて、色彩学講座第3回目の今日は「色の見え方 光編」です。

そもそも「見る」ということは


ということです。

そもそも太陽光=昼白色光は(虹に見える)の集まりです。(第2回で触れましたね)

分解すると虹になり、虹をまた集めると昼白色になります 全ての波長の光を反射する物体は 当然、白く見えます。

では、黒い物は……

いいえ、もともと黒い光などありません。 黒い物は そう 上でも触れたように 光がない状態なのです。 つまり 光は当たっているのに 反射がない 全ての光が吸収されてしまっているのです。

白は全ての光を反射するので でも快適にすごすには 白っぽい帽子と 白いTシャツ 身につけますよね。 黒いシャツなんか着たらもう…暑くてかないません

日射しの強い地中海沿岸の家が、壁も天井も白く塗られているのも納得ですね。

以上のことからも 物体が光

ならば、赤い物はどうなっているの?

もうお気づきですね。 赤い物は赤の波長の光だけを反射し、他の色を吸収してしまうのです。

さて 下の写真の果物や花のそれぞれに美しい色は、何色の光を吸収し、何色の光を反射しているのでしょう?皆さんも考えてみてくださいね。

次回は 「光の見え方 おメメ編」です。 それでは皆さん ゴールデンウィーク

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所