なにこれ?イメトレ 受験科の取り組み

なにこれ?イメトレ    とは、

アトリエぱおの子どもクラスで取り組んでいる発想力をはぐくむためのワークシートです。 なにか絵や図形の描かれたシートを「なにこれ?」と眺め、別のものに見立てて絵を描き足します。 ひとつの特別なレッスンとして取り組むというよりも、

レッスンの前ふりや、早く準備ができたり早く片付け終わった子が制作するなどして、

いつものレッスンで少しずつ取り組むプログラムです。

「なにこれファイル」を作り、これまで描いた絵がたまっていくのも楽しいみたいです。

そんな「なにこれ?イメトレ」は、ぱおスタッフがオリジナルで制作していますが、

このたび受験科講師で油絵画家の佐々木高信先生に描きおろしてもらいました!

不思議な形が描かれたドローイング。

子どもたちには何に見えるでしょうか?

完成した「なにこれ?」ワークシート、

せっかく受験科の講師に描いてもらったので受験科の生徒たちにも取り組んでみてもらいました。

描写力を生かして描いたり、ブラックユーモアがあったり、高校生も頭を柔らかくして描きましたよ。

12回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所