ことしも行ってきました 東京藝大「藝祭」と美術館鑑賞ツアー!

アトリエぱおの溝尻雅子です、こんにちは!

去る9/8と9/9、ことしも芸大美大受験科学生を連れて「藝祭&美術館鑑賞ツアー」に行ってきました!

9/8 11時半に東京に到着。まず、科学未来館「デザインあ展」鑑賞。

のまえに、同じ科学未来館でASIMOのサイエンスショーを鑑賞。

ASIMO、走るし、ボールを蹴るし。

技術の進歩。すごいわぁ。

そして、「デザインあ」

おもしろかった、おもしろかった!

   東京に行けなかった多くの受験科学生のおみやげにDVDや本を購入。

   授業の合間やお弁当タイムに鑑賞しています。

次は、東京都庭園美術館「ブラジル先住民の椅子展」鑑賞。

庭園美術館は建物自体も重要文化財で見どころが多く、学生たちも興味津々。

次に向かったのは、オペラシティアートギャラリー「イサム・ノグチ展」

この時点で18時。

腹ペコの学生たちと手早く夕食をすませ、エネルギーを蓄えて展覧会鑑賞。

20時閉館までたっぷり鑑賞。

そして、まだツアーは続きます。

六本木の森美術館「建築の日本展」

22時まで滞在、その後に夜景を見て、この日のツアー終了。

一日の歩数16,000歩!

翌9/9は朝から東京藝大「藝祭」

名物・神輿にびっくりし、

ぱお卒業生から作品の説明を受け、

たくさんのたくさんの展示作品をみて、

アートマーケットを楽しむ。

午後は西洋美術館「ミケランジェロ展」「常設展」

そして、丸の内の「アートアワードトーキョー」で、ぱお卒業生を含む若い作家の作品を見て。

帰りの新幹線では、各自が見たこと感じたことをプレゼンし、

長く充実した2日間が終了。

2日目の歩数は14,000歩。

次に学生を連れて行くのは1月末の卒業修了制作展かな。

これもまた楽しみです。

溝尻雅子


アトリエぱお卒業生で東京芸大デザイン科4年の岡﨑さんの作品解説



アトリエぱお講師溝尻奏子(東京芸大工芸科修了)より工芸技法の解説



東京芸大名物の神輿



西洋美術館前で。すっかり恒例になってしまった。


帰途の車中もツアーが続きます。気になった作品や感じたことのプレゼン。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所