きらめきを 見つけに。

はだいろを作るには 何色を混ぜるか

知っていますか?

ぱおのこどもは 知っています。

白と、ちょっとの茶色です。(註)

紙のパレットに 白と茶色を出して、

白を筆につけてから、茶色を少しだけ混ぜて

はだいろを 作っていくのです。

こどもが 絵を描くときに使う

彼らのパレットは

それぞれ好きな色が 並びあって

まるで 絵画のようです。

出来上がった作品はもとより

そのパレットをみると

創作の時間が とてもよい時間だったんだと

ひとめで わかります。

すごいね、楽しい時間を過ごしてたんだね。

どうやったら こんな風に

色とりどりの世界を遊んでこれたの、と

聞いてみたくなるほどです。

また、こどもが作る 陶芸や工作には

原始の時代に戻ったような、

素朴で 温かみのある風合いを

感じ取れるときがあります。

誰に教わるのでもなく、

こどもの時代にしか作れない、

思ったままを かたちにしています。

あざやかに、にぎやかに

かわいらしく、ほがらかに、

彼らの作品は

黙って見ていても、たくさんのことを

私たちに語ってくれます。

そしてじっと 待っています。

あなたに このきらめきを

見つけてもらうのを。

ぜひ ぱお展にお越し下さい。

畠山 泰子

ーーーーーーーーーー


「アトリエぱおの仲間たち展 2019」



【会期】


10月31日(木)〜11月4日(月・振休)


【開場時間】


10月31日(木)16:00~19:00


11月 1日(金)10:00~19:00



11月 2日(土)10:00~20:00


11月 3日(日・祝) 10:00~20:00


11月 4日(月・振休)10:00~16:00




【入場料】


 無料


【会場】


JMSアステールプラザ1階市民ギャラリー


広島県広島市中区加古町4-17


ーーーーーーーーーー


展示会場内では、気軽に造形体験が出来るイベントも随時開催します。

みなさまのご参加をお待ちしています。

註 

混色の仕方はいろいろあります。

ある日のプチクラスでは「白」と

「茶色(バーントシェンナ)」を混ぜました。

その他に、

「オレンジ」と「少しの青」と「白」、

「赤」「青」「黄」をバランスよく混ぜて「白」で明るくする

などの混色の方法があります。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所