かみなりまちは どこにある?

絵本 「だるまちゃんとかみなりちゃん」では

空から落ちてきた泣き虫のかみなりちゃんに

偶然出会った だるまちゃんは

勇気と知恵で助けてあげようと奮闘しますが

だるまちゃんも まだこどもなのでうまくいきません。

万策尽きて 二人で気落ちしていると

かみなりちゃんを 探しに来たパパが

雲にハンドルのついた乗り物でさっそうと現れて

あっという間に助けてくれて

息子のために奮闘してくれただるまちゃんを お礼にと

雲の上のかみなりまちに空の上まで 招待します。

これは 日本の代表 だるまちゃんが

やさしさを きっかけに新しい世界を体験する そんな

異文化交流の側面をもっています。

どこか 私達の街に似ているけれど

ちょっと違う。初めて見る街の景色や文化に

驚いたり感心したりします。

でもみんなで外遊びをしてみると

おにごっこに かくれんぼ 縄跳び

よく知っている遊びが繰り広げられちょっとほっとします。

だるまちゃんは 新しい友達と

遊んだり ご飯をごちそうになり

さらにお土産まで頂いて

パラシュートのように傘をひろげて空から 無事に帰ります。

だるまちゃんの体験を通して、

世の中には まだ知らないものと

身近なものが どこにでも混ざり合っているんだと、

読者のこどもは それを気付かないうちにみています。

私達の周りには 少しずつ文化や習慣が違ってる人達がいる。

それを親切な気持ちで接すれば

新しい世界 文化を吸収することは  

けっして特別なことでもなく

言葉よりももっと大切で簡単なこと。

それは 相手の世界を知ってみようと

する勇気があれば 大丈夫なんです。

これからのこども達に ぜひ

身につけて欲しいグローバルな 

世界への飛込み方だと思います。

現在 ひろしま美術館で この絵本の

原作者 かこさとしの世界展を開催中です。

アトリエぱおでは 6月16日に

スケッチツアーを行いました。

だるまちゃんシリーズなど 名作を

一度に目にすることができます。

ぜひご家族でお出かけになってみてはいかがでしょうか

中庭でかみなりちゃんたちが待っていますよ。

「だるまちゃんとかみなりちゃん」 かこさとし著

福音館書店 ISBN978-4-8340-0159-4

スケッチツアーの様子はこちらのブログをご覧ください。

スケッチツアーD2コース【ひろしま美術館「かこさとしの世界」展】レポート

畠山 泰子

最新記事

すべて表示

なにこれファイルの世界。

ぱおバッグの中で いつでも出番を待っているのが、 「なにこれワークシート」をとじたファイルです。 レッスンにやってきたこども達に、 この 「なにこれファイル」を開いて見せてもらうと、 特に意味のない線画を ヒントにして、 こどもが描きこんだオリジナリティあふれる絵が、 まるで飛び出す絵本のような迫力で 描かれています。 色がないのに カラフルに感じられるような、 驚きと発見を いつも与えてもらって

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所