かまだしました~

もう夏休み目前だというのに、まだ梅雨は明けてないんでしょうか…? 毎日降ったり止んだりすっきりしませんね。

昨日夕方、先週絵付けと釉がけに来ていただきました皆様の陶芸作品窯出しいたしてまいりました!

毎度のことながら、窯の扉を開ける瞬間は楽しみです。 「わーいわーい」とひとりで(心の中で)盛り上がりながら重い扉を開きます。「じゃ~ん」と(心の中で)合いの手を入れます。楽しいです


このときの窯の温度102℃…!

なので、しばしさめるまで窯の中を上から下まで覗き込み 「おぉ~、あんなふうに釉薬掛けたものがあんなふうに!」 「あ~、この色かっこいい~!」と、鑑賞します。

そして、いよいよ窯出し。 厚めの手袋をはめてせっせと作品を運び出します。冷たい空気に触れて(といっても30℃、暑いですけどね)作品表面に貫入(ガラス質の釉薬に入るひび。ひびといっても悪いものではありません)が入る、ぴんっという音が部屋中に鳴り響きます。


陶芸作品は、こんなふうにしたいと、いろいろ考えてみても、最後は窯に任せる部分も少なくありません。焼きあがって、窯のふたを開けてみるまでどうなっているかわからない、というところが難しいところであり、それゆえに楽しいところでもあります。 そんな楽しいところを独り占め!毎回、幸せな窯出しです。

作品のできばえは、教室で!お楽しみに

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所