<おとなクラスミニ講座>アクリル画講座①

一緒に身近な疑問や基礎的な技法を学ぶ会

おとなクラスミニ講座

4月は「アクリル画講座①」と題し、アクリルガッシュによる下地づくりと、その上への描画に挑戦しました。

アクリル絵具とは、アクリル樹脂が入った絵具のことです。

乾くと耐水性になるので、重ねて塗ることができます。

とくにアトリエぱおでよく使用する「アクリルガッシュ」は隠蔽力が強いため、

修正が容易で使いやすく、こどもからおとなまで、そしてプロも使用している絵具です。

正解のないアートの世界、もちろん使い方は様々なのですが、

今回はローラーやナイフ、スポンジといった道具を使って大胆に画面に色をのせ、下地塗りをしました。

そのあとは各自好きなモチーフを描画します。

鉛筆だとどうしても丁寧に形を描いて消して…とこだわり始めてしまうので、

筆やパステルで形をとります。

うまく描けなくてもいいです、間違ったら違う色で正しい形をとりなおしましょう!とお伝えして制作しました。

完成作品はこちらです!

下地の色が響いて素敵な色合いになっています。

「形の違いをおそれずに大胆に色を置く」というのは、

おとなの方には案外難しかったりすることもあります。

講師のデモンストレーションを見ながら

そんなにざっくり塗っていいんだ!なんだか安心しました」という声も聞かれ、

何か今までと違う表現の糸口になっていればいいなと思います。

さてそんな「アクリル画講座」、

①があるということは②もやります!またご案内しますのでお楽しみに

天野

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所