いろんな色を発見できるかな。

こんばんは。

本日の中区アステール教室のレッスンは花の観察画でした。 水彩絵具の三原色 赤・青・黄色を使って混色をし描きました。

鑑賞の時間ではジョルジュ・スーラの絵を鑑賞しました。


スーラの絵は、たくさんの色をたくさんの点で描かれているのが特徴です。


水色に見える空のところには、なんと黄色の絵の具もまざっているのです。

スーラの中で一番有名な絵“グランド・ジャット島の日曜日の午後”


その中にでてくる人物を見てみます。


子ども達と肌の色の中に表現されている色を見てみました。 肌の色といったら、オレンジや黄色、茶色などを使用するのはイメージできるかもしれませんが、スーラの絵には緑色も発見しました。

スーラの絵は点描画ではありますが、様々な色を混ぜることによって色に深みがでるのですね。

その後、お花をしっかり観察して絵を描きました。



いろんな色を発見する事ができたかな?

梶木

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所