いのしし イノシシ 

みなさん、こんにちは。

キッズ担当の浅原です。

すっかりご無沙汰しておりましたが、展覧会の嵐もようやく落ち着き、 こうやってブログに復帰してまいりました。今後ともおつきあいくださいませ。

さてさて、12月のキッズクラスのレッスンは、季節物が中心でござい ます。 本日ご紹介するのは、季節物その1

「いのししのパステル画」


来年の干支「いのしし」をパステルをつかって描いていきます。

「パステル」は今年の展覧会では、大人ブースで体験コーナーもやって ましたので、ご覧になられた方も多いのではないかと思います。 「クレヨン」のような画材ですが、「クレヨン」とは違いベトベトせ ず、何色も色を重ねて混ぜることもでき、指でこすることで独特の柔ら かくて暖かい表情が出せるのです。 指で混ぜたり、形をつくったりの作業は、粘土でかたちを作る作業とも似ているため、あまり絵は好きではない子どもでも、パステルは好きという場合が多いのです。

ちなみに紙は「キャンソン ミューズタント紙」というパステル専用の 目の粗い紙を使っております。(キッズのスケッチブックに入っている 色紙のことです) 実はとってもいい紙なので、大事につかってくださいね。

本日ご紹介する3枚の「いのしし画」は、安芸教室キッズ2クラスでの作品たちです。キッズ2クラスは、写真を見ながら描きました。それぞれいい味を出した作品になってますね。

次回は「季節ものその2」 クリスマス工作をレポートいたします!    

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所