あいサポートアート展は11/4(日)まで!

あいサポートアート展 県立美術館地下県民ギャラリー 始まりました!

10/30の初日には入賞者表彰式やギャラリートークがありました。

アトリエぱお代表加藤宇章も、審査員代表として総評を述べ作品解説をさせていただきました。

作品の前で嬉し恥ずかしでも誇らしげに語る作者の皆さんがキラキラして素敵でしたね。

会期は11/4日曜まで入場無料です。 最終日には審査員の池田先生によるギャラリートークも開催されます。

あいサポートアート展とは(以下広島県庁ホームページより抜粋)

広島県では,障害のある方が,芸術活動への参加を通じて,生活を豊かにするとともに,県民の障害への理解と認識を深め,障害のある方の自立と社会参加の促進に寄与することを目的として,今年度も「あいサポートアート展」を開催します。

作品に込められた作者の輝く感性と創造のエネルギーは,見る人に夢や元気,生きる力を与えてくれます。

是非ご来場いただき,障害のある方の大きな力と作品の素晴らしさを実感してください。


詳しくは以下をご覧ください。

*平成30年度 あいサポートアート展を開催します!*

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所