あいサポートアート展でみんなでトーク! (レッスン以外の活動報告です。)


「あいサポートアート展」は広島県内の障害のある方の芸術活動を応援し、障害のある方への県民の理解を深めることを目的としたアート展です。(広島県の案内物より)

このたび、作品展示からアトリエぱおのスタッフ(子ども/大人の講師陣)が関わらせていただきましたが、先日の日曜日、展示最終日にふくやま美術館にてギャラリートークをさせていただきました

会場では、作品を出されている作家の方、施設の方、たまたまご来場の方などたくさんの方とお話しすることができました。

今回のギャラリートークは、アート(作品)を通じた相互理解を声に出して共有しましょうという形でした。

作品についての素朴な質問をしたい、感じたことを誰かと共有したい、素材や技法などわからないことを聞いてみたい…そんな思いをしながら作品鑑賞をする方は多いと思います。作品は目の前にありますから、感じたことを互いに声にして、話をしていると作品の見方も見え方も変化していきます。そしていつの間にかその作品の魅力に引き込まれ、その作家のファンになります。だから次回作も楽しみになります。

ぱおでも美術館ツアーを行いますが、その際には是非感じた気持ちを共有しましょう

近いところでは、広島県立美術館で1/2(土)からスタートする「北斎の富士」展にて、1/11(月祝)の午前中にツアーを開催する予定です

粕谷

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所