【芸大美大美術系高校受験科】キッズゲルニカへの取り組み2

受験科でのキッズゲルニカへの取り組みのご紹介です。 以前のブログで、デザインを話し合っている様子をご紹介しました。

今回は実制作をしているところをお見せします。

アトリエに巨大なキャンバスを広げ、彩色していきます。石膏像が見守っていますね…

リアルな描写ももちろんできる彼らですが、

鯉の柄は子どもたちが描く」という条件があるので、差を出すためにあえてべた塗りを多用します。

べた塗りをムラなく塗るのは難しく、特に混色した絵具がなくなると同じ色はまず作れません。

絵具作りも重要です。

完成した絵がこちらです!

写真ではいまいち大きさが伝わりませんよね。

人と比べると・・・こんなにおおきいんです!

巨大な鯉が悠々と泳ぐさまが描かれていますね。 空白の部分は子どもたちの絵。

受験科だけでなく、アトリエ全体での共同制作になります。

次回は中高生クラスでの様子を紹介しますね。お楽しみに!

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所