【芸大美大受験科】基礎力を身につけよう月間②

引き続き、基礎訓練中の受験科です。 今回紹介するのは「パース」です。パースとは、遠近感、透視図法のことです。

「近くのものは大きく、遠くのものは小さく見える」ということは、皆さんご存知のことと思います。 しかし、「平行線は遠くに行くにしたがって細くなっていく」ということは、

意識しないとなかなか気づかなかったりします。

どこまでも続く長い道は、いつかは地平線(水平線)に点となって消えていきます。

箱であれば、平行な二辺を左右それぞれに延長していくと、最終的に2点に集約されます。

これを「2点透視」といいます。

学校の美術の時間で習ったことのある方もいるかもしれませんね。

これを十分に理解できないでいると、

「逆パース(奥が広がるパース)」「オーバーパース(やりすぎて歪み自然に見えないパース)」などと呼び、おかしな形を描いてしまいがちです。

箱をいくつも積み重ね、見えない面も想像して描いて、自然に見えるように形をとります。

そもそも、モチーフが載っている机だって、たいてい四角形だってことを忘れないでね。

ひとつおかしいところがあると、つられてあちこちおかしいことに…。 もしくは、ひとつ直すと、今度はちがうところが変になったり…。 これまたつらーい訓練ですが、とても大事なことです。

がんばれ、受験生!

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所