【安田小AS教室】圧巻の静物画作品29点ご覧あれ!

安田AS教室では、3週にわたって静物画に取り組みました。

総勢29名の小学生たちが2部屋に分かれて、海の旅をイメージして3箇所に組んだモチーフから好きな場所を選んで描きました。

モチーフはウミガメ、カジキマグロ、浮き玉、船の舵、トウカムリ貝殻、世界地図などです。

静物画は3週連続プログラムなので、合計制作時間は4時間30分

それだけの長時間、子どもたちが集中力を維持するのは容易ではありません。

写真を見て描けば楽なのですが、それでは長時間の制作にはとても耐えられません。

たくさんのモチーフを組むのは大変なのですが、

子どもたちのやる気を引き出すには、本物のモチーフを並べて、惹きつけなくてはいけません。

本気をだしてもらうには、それなりの環境は必要なのです。

最後に2部屋のメンバーの作品を集めて、並べて鑑賞しました。

29点の作品が並ぶと圧巻です。

同じモチーフを描いても、どのように見えているか、どのように感じたのかは人それぞれです。

時間をかけて描いた作品からは、作者の個性が滲み出てきます

見てください。これらの多種多様な表現を。

答えが一つではないということがARTの素晴らしいところです。

そしてこのように並べてみることで、それぞれの個性を見つけ、多様性を認める力が自然に身につくのだと思います。

みんなよく頑張りましたね。

素敵な作品がたくさんできて先生も嬉しいです。

ぜひ額装して秋の展覧会に出品してね。

浅原

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所