【ぱお展2019への道③】額選定とトリミング

ご好評いただいております、10月31日の展覧会オープンまでの道のりを追っていくコーナー「ぱお展2019への道」。 今回は「額選定とトリミング」です。

会員の皆さんから提出してもらい、総覧会で選ばれた作品は約500点。 これらの作品に会う額を1枚1枚選んでいくのが「額選定」です。

作品と額の関係については、人間と服との関係とよく似ています。 その作品の魅力を最大限に引き出すためには、作品に似合う額を選ぶ必要があります。 落ちついて大人っぽい額、子どもらしくてかわいい額、ナチュラルな額、ポップな額、アジアンテイストな額など、多様な額の中から、その作品に一番合う額を選ぶのです。


そして大事なのが「トリミング」です。 絵画作品におけるトリミングとは、絵の余白をどうとるか、ということです。 例えば、よく描けているけども紙のはしっこに描いてしまったような絵ってありますよね? そのままでは間延びした印象ですが、紙の余白を切り取りって真ん中に位置するようにトリミングすれば、よい構図の作品になります。

子どもたちは、視野が狭いため、紙にバランス良く配置することが苦手です。

トリミングすることにより、作品の持っている魅力が増すのです。

子どもたちを直接指導している講師陣だからこそ、頑張って描いたことをよく知っているので、作品が最も良く見えるようにしてあげたいと思うのです。 余白を1センチ広くするか狭くするかで、絵の印象はずいぶん変わります。

下の画像はトリミング中の画像です。絵に枠を置いて余白の大きさを検討しています。

余白が小さすぎると窮屈だけど、広すぎるとさみしく見えます。

そのどちらでもない、最適なサイズを探すのです。 その際にマットが役立ちます。

マットとは、額と作品の間に挟まれる、窓の開いた色つきの厚紙のことです。

この窓は作品に合わせてミリ単位でカットすることができるので、微妙なトリミングにも対応できます。


こどもクラス会員のみなさんのお手元には「額装依頼確認書」というハガキをお送りします

ハガキに書かれている2種類の額は、選ばせていただいた、その作品に最適なサイズと色の額です。 どちらの額もよく似合う額ですが、みなさんにも選んでいただけるように2点選ばせていただいております。 1番の額に額装であれば、特に連絡の必要はありません

もし連絡のない場合は、1の額装でご了承いただいたものとして出品・額装を進行させていただきます。

下記日程以降の変更はできかねますので、恐れ入りますが、お時間内のご連絡をお願い致します。

■メール相談にてご連絡いただいた方には10/3(木)までに必ずメールまたは電話にて確認のご連絡をします。

連絡がない場合は受信不具合などで内容を確認できていない場合がありますので、改めてお電話ください。

■額の画像はアトリエぱおホームページの「会員様ページ」からご確認ください。 2番の額に変更、またはお手持ちの額に差し替え、ご自分で額装、など、1番の額に額装以外をご希望の場合は、

必ずご連絡ください。

【額装相談】

メール:

確認書(はがき)到着日から10/2(水)まで

pao@a-pao.com

電話:

10/3(木)

11:00~13:00 / 15:00~20:00

082-271-0870

※この日までにハガキが届かない場合は必ず教室に連絡してください。

【ぱお展2019への道②】こどもクラス平面総覧会

【ぱお展2019への道①】展覧会通信を発送しました!

__________________________ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アトリエぱおの仲間たち」展とは

毎年開催されるアトリエぱお全教室合同展覧会。

こどもからおとなまで、ぱお会員約500名や講師の

作品1500点が展示される大規模な展覧会です!

*.*一般の方も無料でお越しいただけます*.*

2019年度会期

10月31日(木)〜11月4日(月・振休)

アステールプラザ1F 市民ギャラリー

__________________________ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最新記事

すべて表示

なにこれファイルの世界。

ぱおバッグの中で いつでも出番を待っているのが、 「なにこれワークシート」をとじたファイルです。 レッスンにやってきたこども達に、 この 「なにこれファイル」を開いて見せてもらうと、 特に意味のない線画を ヒントにして、 こどもが描きこんだオリジナリティあふれる絵が、 まるで飛び出す絵本のような迫力で 描かれています。 色がないのに カラフルに感じられるような、 驚きと発見を いつも与えてもらって

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所