【おとなクラス】高校生の取り組みをご紹介

アトリエぱおおとなクラスの様子をご紹介します。 この日は高校生が多くやってきました。

こちらは陶土で犬を作っています。

絵は一方向から見ている部分だけ描けばよいですが、

立体はいろんな方向から見て作らないといけません。

見た目だけではなく、体の中身への理解も必要となります。 ひいてはそれが絵にも反映されてきます。

見えない部分がわかっていると、絵に奥行きが出てくるのです。 絵がとても得意なこの方も、立体には少し苦戦中。

うまくできるといいですね。

こちらも高校生。

油絵を描いています。完成したら公募展へ挑戦します。

独特な自分の世界を持っているので、指導する側も楽しく見守っています。

もちろん絵画的なアドバイスも忘れずに…

他方、デッサンに取り組む人もいます。

透明なガラスを描くのは難しいですが、よく観察して色味をうまく表現しています。

アトリエぱおのおとなクラスは、中学生以上が対象です。

部活や塾で定期的に来るのが難しい人には持ち時間制の大人クラスはぴったり。

開講時間内ならいつでも自分の都合の良いときに来ることができます

中学生から80代の方まで通っているので、いろんな人との交流ができるのもいいところですね。

これからもどんどん取り組みを紹介していきます。

乞うご期待!

天野

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所