「春のミニレンガの家」春のワークショップ プログラム紹介2


こんにちは、浅原です。

3/12から予約受付スタートしました、春休み恒例「春のワークショップ」


一昨日からはじまりました、春のワークショップのオススメプログラムをリレーで繋ぐ 「春のワークショップ プログラム紹介」の第二回は「春のミニレンガの家」です。

アトリエぱおの膨大なプログラムの中でも三本の指に入るくらいの人気プログラム「ミニレンガの家」は、参加者の半数以上はリピーター。一回作るとまた作りたくなる

、飽きのこないプログラムです。

なので、リピーターさんにも満足してもらえるように、毎回少しずつアレンジを加えて、春、夏、冬と開催しております。

この度の「ミニレンガの家」は春バージョン。これまでの桜に加えて今年は小川と橋のセットです。

寒い冬を越して暖かくなるとつい口づさむ童謡「春の小川」のイメージで作りました。


さらさらと流れる桜の花びらが、春らしくていいでしょ?

岸には、すみれやれんげの花が咲いてたり、川面にはえびやめだかやこぶなの群れが顔を出しているかもしれませんね。

もちろん春のミニレンガの家だって、部屋の中も作れます。



自分が住むならどんな部屋がいいだろう?

部屋は何部屋にしよう?窓はどこにつけよう?テーブルはどこに置こう?遊ぶ場所はどこがいいかな?

個性の差が際立つのが室内です。部屋の中を眺めていると作者の顔が見えてきます。

外は春だから、中も春らしい部屋になるといいですね。

3時間と長丁場ですが、みんな休憩もせず、トイレにも行かず、夢中になって作るので、実はあっという間に終わっちゃいます。(休憩もトイレもしていいんですよ)

初めての方も、リピーターさんも、ぜひぜひ春休みの午後にミニレンガの家を作りにきてくださいね。

春のワークショップの詳細とお申し込みは、こちらからどうぞ。↓



春のワークショップ2014


浅原

0回の閲覧0件のコメント

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所